In 1925, a weak 23-year-old Marcel Rochas founded Rochas in Paris. He invented skirts with pockets and coats that were two-thirds length, and led the haute couture world with his feminine designs and innovative ideas. His masterpiece in perfumery is “Femme,” a traditional and unique perfume introduced in 1945. The water vein of that fragrance is brought to life in a different scent form with the elegant and profound “Madame Rochas” released in 1960. On Wednesday, March 13, 2019, the latest Rochas scent landed in Japan through the new fragrance “Mademoiselle Rochas”.

1925年、弱冠23歳のマルセル・ロシャスがパリでロシャスを創業。ポケットつきのスカート、七分丈(2/3丈)のコートなどを発案し、フェミニンなデザインと革新的なアイデアでオートクチュールをリードしました。香水の代表作は、1945年に発表された伝統的で個性的な香水「ファム」。その香りの水脈を、違う香りの形で息づかせているのが1960年に発表された上品で奥ゆかしい「マダム ロシャス」です。その後、「ビザーンス」「フルール ド オウ」など数々の傑作を世に送り出しました。今年3月13日(水)に、新フレグランス「マドモワゼル ロシャス」を通して、最新のロシャスの香りが日本に上陸いたしました。