Calvin Klein started out in the women’s coat business in 1968 and quickly gained a reputation among the press and department store buyers, and later expanded its business. Calvin Klein Underwear, introduced in 1982, revolutionized men’s sense of beauty in underwear, and the company has continued to develop its licensing business to the present day. The perfume business began in 1985 with the launch of Obsession, followed by Eternity and Escapes. “In 1994, the company created a new category in the perfume market with the launch of its first unisex perfume, ck one.

1968年に女性用のコート事業からスタートしたカルバン・クラインは瞬く間にプレスや百貨店のバイヤーの評判となり、その後事業を拡大。ck カルバン・クライン ジーンズの広告キャンペーンが70年代後半に一世風靡し、デザイナージーンズの先駆けとなる。1982年に発表したカルバン・クライン アンダーウェアは男性の下着に対する美意識に大変革をもたらし、その後もさまざまなライセンスビジネスの展開を経て現在に至る。 香水事業は、1985年に“オブセッション”の発売から始まり、続いて“エタニティ”と“エスケ-プ” を発売。1994年、初めてのユニセックス香水“ck one”を発売により、香水市場に新たなカテゴリーを作った。